Pマークと比較したISMSのメリット

個人情報を保護することができるという点において、PマークとISMSは共通した性格を持っているように見受けられます。
個人情報の漏えいが大きな問題となり、企業の信頼に関わる事件となっている昨今においては、消費者や他企業から見て信頼するに値するかという判断基準としては、両者とも有効でしょう。

しかし、Pマークが情報の中でも特に個人情報に特化した強みを持っているのに対し、ISMSは情報全体を資産として取扱うという違いがあります。
つまりISMSのメリットとして、情報資産を保護する能力に長けているということは事業の安全性、継続性を訴えることができる力を持っているということにもなりますね。

これは企業から見た場合、どの業者に情報を処理してもらおうかと考えた時にはとても大きな強みとなります。
対企業の業務が多い企業であれば、Pマークよりも信頼の獲得や売り上げの向上にも繋がる可能性を持っているISMSを取得するメリットはとても大きいのではないかと思います。

PマークやISMSの内容を知りたければ、コンサルティング会社がPマークセミナーを無料開催しているケースもありますので参加してみると良いでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です